風俗生活in横浜

風俗情報サイト『NIGHTLIFE』横浜・川崎の管理人martiniのひとりごと

時を止めるスイッチ

風俗ってもちろん基本プレイが重要ですが、
付加価値というかプラスαも大事ですよね。

そんなプラスαで気になっているのが、
京都のヘルス『京都の団地妻』。

通常のヘルスプレイの前に回覧という
3人の女の子と5分ずつ悪戯や逆悪戯ができるみたいで、
その中でも特に気になるのが、”時を止めるスイッチ”。
たぶんAVとかで一時期流行ったスイッチを押すと
女の子の動きが止まり、その間に好き勝手できる的なやつ。

まあ実際には本当に時間が止まるわけでないので
楽しめるかどうかは女の子の演技力とかノリ次第ですが、
想像したら楽しくないですか?

横浜にお店があったらすぐにでもって感じですが、
さすがに京都は遠いというか、
行くにしても家族と観光で的なイメージですから、
家族旅行中に抜け出して風俗というわけにもいかないですし、
体験するのは無理っぽいですが、あ〜遊びたい(笑)

どなたか体験した方がいたらぜひ感想を・・・。
って聞いたら余計に遊びたくなるか(爆)

ではまた。 

年齢的なストライクゾーン

基本的に若い子好きの自分は
日々ニューカマーとかに送られてくる
『エロティカDX』や『ちぇっくいん横浜女学園』、
その他若い子系のお店の写真に惹かれまくってるわけですが、
いいなぁと思いつつ意外と遊んでないことに気づきました。

なんでだろう?と考えてみたところ、
実は若けりゃ若いほどいいわけではないようで、
自分が好むのは25〜30歳ぐらいみたいです。

もちろん20歳前後とかの子と遊ぶと
普通にかわいいと思うし、目の保養にもなり、
その場は楽しいのですが、
なんだろ?余韻というか、後味というか、
体験記なんかを書くときに冷静に振り返ると、
やはり25〜30歳ぐらいの子と遊んだときの方が
より楽しかったなとか、また遊びたいなと思うんです。

まあこれは自分の年齢的なものがあるのかも知れませんが、
やはり人それぞれ年齢にもストライクゾーンもあるんでしょうね。

そんなわけでふと興味がわいた疑問。
みなさんのストライクゾーンは何歳ぐらいですか? 

ではまた。 

今週のヘビロテ

111













3月29日に発売された松田聖子さんのニューアルバムがいいんですよ。
自分が数え間違えしてなければ51作目となりますが、 
今回は大人なJAZZがテーマなんですかね。
スタンダードな曲を含め幅広い選曲で楽しめます。

そして今回は歌が普通に上手い!
デビュー当時から個人的に歌の上手い人だとは思ってますが、
失礼な言い方すると、ふだんはその上手さをあまり感じないというか、
カラオケやら何やらで他の人が歌うのを聴いて初めて
ああやっぱり聖子さんて歌上手いんだなと思う感じですが、
今回は聴いた瞬間から上手いなと・・・。

先週は『シング』のサントラやエド・シーランなど
洋楽ばかりだったので、久しぶりに邦楽のヘビロテです。
ってこれも英語だし、洋楽みたいなもんか(笑)

まあ何はともあれオススメです。機会があれば是非!

ではまた。