風俗生活in横浜

風俗情報サイト『NIGHTLIFE』横浜・川崎の管理人martiniのひとりごと

そんなつもりじゃなかったのに

酒飲みながらいじっていてブログの記事を消してしまい、
なんとなく記事を書いてから1週間。
気づけば毎日更新してるじゃないですか!?
 決してこれを機会に毎日更新しようとか、
がんばろうとか、そんなつもりじゃなかったのに・・・。

ただ性格的に続いていると
途切れさせたくなくなる んですよね。
まあだからと言って飽きっぽいのは変わらずなので
どこまで続くかわかりませんが、
とりあえずしばらくは続くのかも知れません(笑)

さて、続くと言えば横浜ナイトライフ
なんだかんだ12年も続いているわけですが、
こういうサイトより実際のお店を長く続けるのって
本当に大変なんでしょうね。って何を書きたいのか
わからなくなってきたので、ここでクイズです。

広告を載せてくれている(indexページで写真のついたやつ)
お店の中で最も長く続いているというか、
今も営業しているお店はどこでしょう?

答えは次回の記事で・・・。

ではまた。

代理店から聞いた話②

風俗サイトに広告を載せる条件として
風俗雑誌にも広告を載せないといけない。
これってどうなんでしょうね?

元々は紙媒体なので、ネットが軌道に乗ったら
という戦略はわからないでもないですが、
紙の広告費は高く、ネットの10倍なんてこともあるので
お店にとっては厳しいのではないでしょうか。

それであるお店に営業の方が行き、
来月もネット広告を続けるなら
風俗雑誌にも広告を出してくれと言ったそうです。

何十万という広告費にお店の方が
これで何人集客が見込めるの?と聞いたところ
月5人ぐらいはと答えたとか・・・。
正直者の営業の方だったんですかね。
それじゃ大赤字じゃないですか(笑)

でも続けてこうも言ったそうです。
「これからは紙の時代です」と。
果たして本当にそうなんですかね?

自分がナイトライフを始めた頃は
いろんな本屋さんやコンビニでも見かけた風俗雑誌も
最近は一部の本屋さんでしか見かけなくなりましたし、
スマホやタブレットの流行で
電子書籍時代到来とも聞きます。
そんな中でこれから紙の時代になるのか?
個人的な予想はNOだと思うんですけどね・・・。

消えてしまったのでいつかは定かでないですが、
かなり昔「広告屋が店を潰す」
みたいな内容の記事を書いた記憶がありますが、
こういうところは時代が変わっても
変わらないのかも知れませんね。

ではまた。

 

求む!風俗店情報

風俗マップを作っている過程で、
風俗店一覧をチェックしたり、
ネットで検索していたのですが、
全部載せているつもりでも
漏れているお店がたくさんありますね。
おかげでそれらを掲載するだけでも
このところ更新ネタに事欠かないわけですが(笑)

その中であれ?と思ったのが、
以前、載せていて閉店したと聞いたお店が
けっこう営業していること。
大半が広告を載せてくれていたお店で
代理店とかに閉店するから削除してくれと言われたのに。

まあ数年経っているお店もあるので、
一度閉店してから再開したのもあるでしょうが、
そうじゃないのもあるような気が・・・。
やっぱり自分で確認しないとダメですね。
 
ナイトライフは自分が遊ぶためにも
基本的に存在するお店 すべて載せておきたいんですよね。
なので一覧にないお店の情報とかがあれば
ぜひ教えてもらえるとうれしいです。

ではまた。